相続対策と相続税対策

相続対策と相続税対策

吹田・江坂の事業承継相談所「脇大輝税理士事務所」ブログです。

「タワーマンション節税」なんて言葉をお聞きになったことはありませんか?

今年の1月から、相続税の基礎控除額が下がり、いろんなメディアで「相続」や「節税」が取り上げられています。

自分には関係がない、と思いつつも他人がどんな「節税」をしているかは興味があるものです。

さて、ここでは冒頭の二つに言葉に注目していただきたいと思います。

「相続対策」と「相続税対策」

この二つはの言葉は、文字としてはほとんど同じですが、意味は全然違います。
(相続税対策は相続対策の一環といわれてしまいそうですが…)

本来、「相続税対策」は「相続対策」の一環にすぎないのですが、

「節税」という言葉の魔力は恐ろしいもので、「節税」できればなんでもあり、

という状況も一部では発生しているようです。

しかし、多くの「節税」が「財産の毀損」であるということは、メディアでは報道されていないようです。

「実害を発生させて、税金を安くする」

こんなものは、節税でも何でもありません。

「相続対策」を考えずに、「相続税対策」ばかりに気を取られると、

足元をすくわれる事もあるので要注意です。

「税金対策はおまけ」と考えることができれば、後悔しない「相続対策」ができるのだと思います。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です