専門家を上手に活用する方法

専門家を上手に活用する方法

吹田・江坂の士業相談所「脇大輝税理士事務所」ブログです。

会社の運営にあたっては「専門家」といわれる人たちと接する機会がありますね。

法人の設立時には司法書士、決算時には税理士、労務手続は社労士、万が一の弁護士など。

士業に限らずとも、コンサルタントと契約する、はたまた知人・友人など、

「その道」に詳しい人にアドバイスを求める場面はたくさんあります。

そんな場合に、「どうすれば、最大限に専門家を活用できるか」をお伝えします。

 

これは、「上手な聞き手」になることに尽きます。

たまに、最後(文末)まで話終わらないうちに、自分のご意見をどんどん重ねてくる方が、

いらっしゃいますが、これが、一番損するパターンです。

ご自分の考え方(価値観)があるのは、それで素晴らしいことではありますが、

自分の思いだけ伝えられればいい、というのであれば、わざわざ専門家に報酬を

払う必要はありません。

逆にいえば、「報酬の範囲内でどれだけ有用な情報を引き出すか」が重要といってもいいと思います。

それでなくとも、専門家というものは、自分の専門領域について、

「しゃべりたくて仕方がない」生き物なのです。

 

ですので、「上手な聞き手」になることができれば、支払った報酬以上の価値を、

手に入れることができます。

ただその前提として、

「聞きたいことを端的に伝える」

「ビジネス上の約束を守る」

「違法行為を暗に要求しない」

ということも当然にあるわけですね。

 

One thought on “専門家を上手に活用する方法

  1. Pingback: 今週のまとめ | 脇大輝税理士事務所 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です