発想の転換

発想の転換

吹田・江坂の経営相談所「脇大輝税理士事務所」ブログです。

暑い日にはアイスが食べたくなりますね。

「あずきバー」って、皆さんご存じでしょうか? 昔なつかしアイスですね。

井村屋株式会社さんの看板商品です。

で、この井村屋さんの商品で「スポーツようかん」なるものがあります。

スポーツ+ようかん=スポーツようかん スティック状で食べやすくなっています。

スポーツの合間の栄養補給って、普通は何でしょうか?

バナナ?チョコレート?ビスケット?おにぎり? 

でも、生ものや温度管理が必要なものって使いづらいですね。

そこで、「スポーツようかん」という発想。

この発想自体は意外と普通なのかも知れません。

塩分と糖分を強めにして「嗜好」よりも「食品としての機能」を高めるというものです。

しかし、本当に着目すべき点は「売る相手を変えた」という点です。

今まで、わたしは井村屋さんの商品は「スーパー」か「コンビニ」でしか手に取ることはありませんでした。

でも、「スポーツようかん」は「スポーツ用品店」に置いてあるのです。

あずきバーやまんじゅうは、スーパーに来る買い物客(多くは家庭の主婦)しかターゲットにできません。

スポーツようかんは、アスリート、登山者、部活の青年たちもターゲットにできるのです。

我が家では、外出時に「お菓子がわりの非常食」として重宝しています。

売る相手がまったく変わっています。

これが「発想の転換」です。

「商品が売れない」ときは、一度アタマをやわらかくほぐしてあげると、ヒントが見つかるかもしれませんね。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です